MENU

二重査定

 

車の査定は
複数の買い取り業者に査定依頼をしますよね?

 

ご自身の車を査定に出して
買取金額が1番良い業者に売却するのが
普通ですが、その後問題になるのが二重査定です。

 

 

二重査定とは?

 

二重査定とは
一度査定に出して
売却金額が決まった後
再度買い取り業者が査定し
金額が変更してしまうことを指します。

 

この二重査定の結果
売却金額が違くなってくることで
売ることをやめたりする事例もあります。

 

ではどのようなことが原因で
買取会社側が二重査定を行うのでしょうか?

 

 

欠陥部分

 

買取業者が出張査定する場合
細かな検査機械がない状態で
査定をします。

 

査定チェックポイントは多くありますが
目視などでのチェックとなります。

 

もちろん
車検証を見ながら
ヒアリングもします。

 

例えば
買取後
重度なエンジントラブルが見つかった。

 

内部に欠損部分が見つかった。

 

などです。

 

売る側からすると
こんなこと売った後に言われても
困るといった意見が多いのが現実です。

 

 

日本自動車流通研究所

 

日本自動車流通研究所では、
このような買取業者と売る側の個人が
トラブルにならないように指針を出しています。

 

この日本自動車流通研究所
通称JADRIに登録を行っている
買取業者は基本的に二重査定を禁止されていますので
このようなトラブルが無いようになっています。

 

 

車の売却はJADRI登録業者

 

このように悪質な業者にあたって
二重査定になってしまいトラブルになるのは困りますよね?

 

ですので
JADRI登録業者に売却することをおすすめします。

 

大手買取業者ですと
JADRIに登録をしている
会社が多く存在しますので
安心して車を売ることができます。